読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KSHFMapJAPANブログ Cloud9

韓国の俳優キム・スヒョンさんを応援しています

ソウルの休日5ー④ちょっと郊外へ

3月も下旬に近づくと、あたたかくなりました。ちょっと郊外へも行ってみよう。

移動手段の検討では、レンタカーというのも選択のひとつにありました。レンタカーを借りる諸経費や、1人で運転して全て回る負担などを他の移動手段と比較していく中で、今回ちょっとした好奇心で自分の目で確かめてみたいこともあり、それには通訳となる人も必要だなと思いました。

ミョンチャンさんスケジュール空いてますか?

はい、大丈夫ですよ。

じゃあ、行きたいところのリストを送りますのでお願いします。

ナナタビのキム・ミョンチャンさん。「星から来たあなたを追いかけて」(野口文 尹敬勲 共著)の取材をサポートした方として、スヒョンくんのファンなら、あとがきに載っているご本人を見たことがあると思います。

2015年3月の韓国旅行の際、そうとは知らずお願いしたドラマロケ地ガイドの会社がミョンチャンさんのナナタビでした。以来、同年6月にもガイドをお願いするなどのおつきあいをさせていただいています。 

ayumikshfmapjp.hatenablog.com 

ayumikshfmapjp.hatenablog.com

今回はミョンチャンさんと情報を提供しあってのプランということもあり、2人でコラボオプショナルツアーも誕生しましたよ^^後ほどご紹介します。

さて、出発の朝、朝ランの後、待ち合わせ場所近くのカフェで温かいコーヒーを手に入れて「お久しぶりです!」「ミョンチャンさん、コーヒーのミルクと砂糖を持ってくるのを忘れました。」「ちょうどいいです、前はたくさん入れていましたが、今はダイエット中なのでブラックですよ。」みなさん、ミョンチャンさんは、シュッとしたオトコめざしてダイエット中です。車は一路郊外の龍仁へと向かいますが、道路は渋滞中で予定より少し遅れての到着となりました。

+++++++++++++++++

そうだ、韓国生活体験ミッション②:韓国の郵便局から、韓国に住んでいる人に郵便物を出そう~。

ミョンチャンさんに途中、郵便局に寄ってもらって、出そうとすると・・・

①差出人の住所が韓国ではないからだめ。→もしも届かない時に戻すのが海外なのは対応できない。・・・・ん?じゃあ、海外から出したのが万が一韓国国内で配達できなかった場合はどこへ行くんだ??でも、まあ、言うことは理解できますんで。納得。

この件については、ミョンチャンさんがご自分の住所を書いてくださったのでクリア。

②送り先の住所が新住所?旧住所?アパート名がないから出せない。→韓国では最近新しい番地になったところがありミョンチャンさんの自宅もその対象だけど、「新住所を覚えていない。」というのが現状。・・・ていうか、送る先に住んでいる本人が書いた住所だし、日本からこの住所で何度か出したけど一度も届かなかったことはない!安くなるパウチで英語表記で送った時もちゃんと、つ・き・ま・し・た!→じゃあ、出します。

受け取った友達曰く「主張の国なので。」言われたら、とりあえずこっちも言う。①は納得、②は、こっちの話も聞いてくれ。

まあ、無事着きました。難しいと思われた銀行での送金は、あっさりできて、簡単と思われた郵便発送は意外にも一手間、二手間必要だったという。やってみなくちゃわからない。海外では協力者は、金と同じです^^ありがとうミョンチャンさん。

+++++++++++++++++++++++++++

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328153026p:plainf:id:AyumiKSHFMapJP:20160403211737p:plain f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328153038p:plain f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328153101p:plain

郊外に行くなら、ここも^^カフェ自体がけっこう人気店みたいで、満席でした。また時間をたっぷりとって、この辺りのカフェ巡りもしたいな。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404183139j:plain

大学の同僚達が「社会性がないのよね。」などとミンジュンの悪口を言っているカフェ。外を通過するミンジュンには聞こえていないと思って言いたい放題ですが、全部聞こえちゃってましたよね、聴力は人間の7倍という宇宙人なので。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404184930p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404185015p:plain

cr.SBS

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404183019j:plain

ここは、カフェ通りという名前がついているくらいに、かわいらしい建物が集まっていて、郊外の住宅地に溶け込んでいるような場所です。公共交通機関の乗り換えにはけっこう時間を取りますので、韓国民族村(11話のプロローグで、400年前の朝鮮時代に名医ホ・ジュンとのシーンで使われた場所であり、太陽を抱く月のロケ地)などと組み合わせてミョンチャンさんに案内してもらうと効率良く回れると思います。

japanese.visitkorea.or.kr

さて、何しにわざわざ郊外へ?

確かめに行きました。インスタで突然フォローされたこちらのレストラン。いったいどんなところ?何故?どうあれ自分の目で見て、行ってみて、自分で感じてみること。今回の冒険には、韓国人にいてもらったほうがいいな。言語もそうですが、女性よりむしろ男性のミョンチャンさんは適任です。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404204054p:plain

こちらは、不動産業などの事業をしている方が、自分のコレクションを展示しているテーマパークのようなレストラン。まず、レストランとして肝心な料理は、イタリア料理で、ランチタイムのセットメニューと数種の部位のお肉と野菜の串焼き(シンプルでおいしかったですよ。)単品を追加でひとつとり、ダイエット中のミョンチャンさんに「2日分食べたということで、後で調整しましょう!」という量を日本円にすると5000円ちょっとでいただきました。女性ならその量を3~4人でシェアできるくらいですから、そうするとお安いかもしれません。

フォカッチャやデザートは、お店で作っているとのことです。追加のサービスでくださったティラミスはテイクアウトしましたが、ケーキは苦手なのでというミョンチャンさんの分まで食べちゃいました。ホームメードのおいしさがほっとしましたよ。

おなかがペコリーヌだったのでメインが出てくるなり、写真も撮らずにガッツガツ食べちゃいました^^シーフードのリゾットと、ペペロンチーノにしました。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404211746p:plain

広告にはイタリア人みたいなシェフの画像が出ていますが、厨房は韓国人の方が調理していました。オイリーではなくお野菜もたっぷり摂れて日本人の口に合う味つけでした。まだ開業して数ヶ月ということで、平日のランチタイムですが、その日はずっと貸し切り状態。美味しいので毎日繁盛したらいいですね。とミョンチャンさんと話しました。

イタリア料理の確認?いやいや。

これです。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404212110p:plain

韓国内外のスターやサッカー、野球といったスポーツ選手ゆかりの物をオークションや知り合いのつてから入手してコレクションしているとの説明でした。特にチャン・グンソクさんの関連のものがたくさんありましたよ。

これは、ジュンモの家のリビングと同じ家具で再現されたスペース。ここでお食事をいただきました。クッションや、テーブル、ソファの向かいにあるチェアも同じものですね。番組に家具を提供しているショップからの入手ということでしたので、実際のセットで使用したものかどうかはさておき、テーマパークという気分で楽しむといいなと思いました。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404212210p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404212359p:plain

夜はきっと夜景がきれいなんじゃないですかね?というミョンチャンさんの感想通り、大きな窓から見える夜の景色はまた違っているかもしれません。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404213935p:plain

これを何故、郊外で?という印象でしたが、ご自分の趣味をインテリアにして楽しいレストランをという気持ちは伝わりました。普段、地方都市で暮らしている私が思うのは、こういった都市から少し離れている郊外のレストランにとって大切なのは、地元の人に愛されることであり、週末ごとに、月に何度か、外食する時は・・・という度に行きたいと思う存在であることだと考えます。観光で来る人は、一期一会の客。その人達が訪れた時にいつまでもそこに在り続けるには、地元の人たちが通い続けてくれることが欠かせません。お店の方も親切で、ゆったりとした空間でほっとする味のイタリアンがいただけるお店。今回訪れて私が得たことは、何よりもそれでした。おいしいお昼ごはんをいただきました。ごちそうさま。

こちらはお店のインスタグラムです。

www.instagram.com

+++++++++++++++++

さ、移動しましょう。今日は車がある利点をフルに活用です。

レストランを後に、少し移動して先に紹介したカフェ I'm Home を見た後は、そのままソウルへ戻ります。

おぉ!何これおもしろ~い!!

厨房道具やお皿、テーブルや椅子など飲食店に関する中古品や新品などを扱う店が軒を並べている通りだそうです。 思わず、ちょっと寄りたい!と言いそうになりました。積み上がっている鍋や椅子などのディズプレイが得も言われぬパワーを発していました。今度歩いてみたい場所候補になりました。重量オーバー覚悟で行かねば^^

www.konest.com

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404220440p:plain

途中、ミョンチャンさんに最終の確認をお願いしたロケ場所など数カ所に立ち寄りながら、ドラマのロケ地巡りはこの場所で一段楽。

「プロデューサー」11話で、こっちからイエジンと2人で歩いてきて、ふられちゃったスンチャンは、

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404221645p:plain

1人で泣きながらこの道を歩いて行きます。そして、なんと朝までかかって歩いて汝矣島まで帰ったということが後でわかりますよね。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404221948p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404225556p:plain 

ayumikshfmapjp.hatenablog.com

+++++++++++++++++++ 

さて、車がないとなかなか大変なのは、橋。あっちに渡り、こっちに渡りしながら、このムービーの風景を探して歩きます。


I SEOUL U - 30A Han-gang(river)&DDP

漢江の真ん中にいまーす。ちょっと寒くなってきたかも。

実際は船の上から撮影しているのではないかなーと思うのですが、ここからは動画にある景色が橋の真ん中から見ることができます。実際に行ってみると、もしかしたらDDP以外は合成?とも思いましたが。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404225819p:plain

この後、道路は大渋滞に。でも対岸からセビッソムを望むのは、ここをもう少し進んだ辺りからの景色ですね。渋滞で止まっていたから、きれいに撮れるかも♪と期待してやっと近づいたとたんにスーーーーっと動き出してしまった車中からの撮影でかなりボケました。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404230851p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160405001522p:plain

cr.I Seoul U

盤浦大橋ムーンライト・レインボー噴水ショーは4月から10月に行われます。

動画にあるのはちょうどセビッソムの対岸から見た角度になります。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404233808p:plain

japanese.visitkorea.or.kr

そして、2015年12月にBEANPOLE OUTDOORのプレミアム試写会ファンミーティングが行われた、セビッソム。夜の夜景はとってもきれいでした。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404234329p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404234427p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160404234922p:plain

今のところ、5月31日までDDPのLEDローズガーデンが開催期間延長になりましたので、それまでの期間だと噴水ショーやこのセビッソムと合わせて楽しむことができます。「ね♪ちょっとオプションコースで入れてみてはどうですか?」「いいですねー!」と探検隊は盛り上がりました。ソウルの夜景めぐりもミョンチャンさんにリクエストすると車で連れて行ってくれますのでご希望になる方はこちらへアクセスしてください。

韓国ドラマロケ地ツアーなら(株)ナナタビ・韓国観光なら(株)ナナタビ

さて、今日は、とってもおもしろくて楽しい1日でした。また会いましょうとミョンチャンさんと別れて、タイムズスクエアで買い物をして、今回の旅最後の夜が終わりました。

帰国日の午前中はまた次に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 キム・スヒョンインターナショナルファンマップ

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160325185927j:plain