読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KSHFMapJAPANブログ Cloud9

韓国の俳優キム・スヒョンさんを応援しています

ソウルの休日5-② 満ちゆく月 景福宮から明洞 夜のさんぽ

光化門/景福宮~明洞>>>

★景福宮

その日は、月齢12。満ちゆく月の夜に、散策しよう。

行ったのは景福宮(キョンボックン 경복궁)夜間特別観覧。東大門や明洞からだと地下鉄で15~20分くらいで移動できます。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328193911p:plain

 

そう、スヒョンくんのファンなら後苑の「香遠亭(ヒャンウォンジョン 향원정)」をドラマでご覧になっていますよね^^

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328174932p:plain

cr.MBC

今回の夜間特別観覧には、この香遠亭を含む後苑は含まれていません。また、夜間特別観覧は毎年期間が決められていて、1日2,500名(インターネット予約枠2,250名、当日券250名)と限られていて、しかも外国人は毎日先着200名の当日券のみでの入館チャンスです。他にも期間を定めて夜間特別観覧を行っているところもあります。

景福宮は、18時30分頃からチケットを販売しますので、私が行ったのは平日だったので18時15分頃並ぶとチケットを手にすることができました。週末などはまた事情が違っているかもしれませんね。少し早めに行って様子を聞くのがいいかと思います。外国人はチケットの購入にパスポートが必要です。

japanese.visitkorea.or.kr

チケットを購入したら、門が開くまで光化門のあたりの暮れゆく景色をカメラに収めながら、そこから見える、昨年の3月同じ頃に歩いた交差点あたりでの思い出を再び楽しみました。

「星から来たあなた」でミンジュンが彗星の到来のニュースを見た交差点などは、光化門広場に沿って歩けば行ける距離です。

この地区にある「教保文庫」光化門店( キョボムンゴ クァンファムンジョム 교보문고 광화문점)は本好きさんにはたまらない場所です。

www.konest.com

pm.6:10

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328192848p:plain

pm.6:30

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328193019p:plain

pm6:40

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328193411p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328193510p:plain

pm.7:00

この門は、歴史の中で焼失したり、移設を経て、今この場所に建っているそうです。現在の光化門は、近年コンクリートで建てられたもの。でも、ここにこんな風に存在していたんだという記録をかたちにすることは、その記憶を次の時代に送っていくことになると思います。今これを見ている私たちの、はるか先の世代も同じものを見ることができたらいいな。平和と尊重が続いてこそ、それが可能だから。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328233653p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328233440p:plain

では、月夜の散策スタート。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328233755p:plain

画像で見るより、その場に立つと、この国が半島という地形とはいえ、大きな大陸と陸続きの国だというのを感じました。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328233825p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328233847p:plain

色やかたち。とても昔に、その大きな大陸の端から伝わっていったものが、経由した地の要素を加えていきながら朝鮮半島を経由するルートもそのひとつとして、アジアの東のおわり日本へやってきたのかあという時間の旅を一瞬でしたような・・・。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328233910p:plain

水に映る姿がきれいでした。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328234122p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328234155p:plain

静かです。闇の中にライトアップで浮き出るかたちと、影。

今回、この韓国の伝統的なかたちや、文様のことも少し知ることができました。偶然「太陽を抱く月」でフォンがヨヌに言ったセリフの意味をより理解することができるお話も聞くことができました。それはまた、後で。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328234217p:plain

日月五嶽図。太陽と月、王と王妃ですね。山河は王が治めている領土を表しているそうです。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328234341p:plain

ミュージアムショップには、ついつーい衝動買いしてしまう紙製品が・・・

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329202456p:plain

さて、少し寒くなってきました。そろそろ移動します。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328234404p:plain

夜の明洞へ向かいます。

ん?12月に見つけた時には、かなりはしゃぎましたが、今は3月も終わる春先・・・まだこれですか?という気分に。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328235148p:plain

この店舗を夜見るのは、はじめて。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328235617p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160328235833p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329000038p:plain

ひらぺったスヒョンくんですが。180センチぐらい(スタンドがあるから少し大きいかな)ほぼ等身大?こっそり、握手してみたりする。切り口おおざっぱでガザガザですが、 (*/∇\*) 小さい声でキャッとか言いながら更に上に・・・と、階段を上がってくるアジュマのカバンがひらぺったスヒョンくんに激突 Σ(゚◇゚;) 顔面から「た~お~れ~る~ぞぉぉ」えっ?えっ????何?そして、あっという間にガン!ズルルルルルーと階段を落ちていきました。アジュマ2階へ上がるなり定員さんに「なんか人形が落ちたよ。かばんが~」と。人形・・・uu; 街中のひらぺったスヒョンくん、毎日頑張ってるのね。私もオシゴトガンバリマス pT^Tq 

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329000650p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329114153p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329000547p:plain

ZIOZIA明洞2号店(閉店時間になっていたので外観だけ)

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329114802p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329114817p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329114840p:plain

ほんとうに、今回スマホ・カメラの中がZIOZIAだらけ。ここからすぐの、BEANPOLEのビルは閉店後どうなっているのかと思って現地に行ってみたのですが、確かここにあったという場所には工事用の養生が施されていました。明洞エリアでは、現在ロッテデパート本店でのみOUTDOORを購入することができますが、売り場面積が以前より小さくなっているので、欲しいものが決まっている場合は、サイズや商品在庫は事前に確認したほうがいいかもしれません。(2016年3月23日現在)

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329114854p:plain

明洞名物の屋台が出そろってきました。今夜は、この屋台でいろいろ食べてみようっと。このチーズとお餅の串は焼いただけのシンプルなものに、甘い?練乳を薄くしたようなソースがかかっていて、辛いものを食べた後に^^他にも、辛いソースがまとわりついたような串焼きとか、絹のようなふわふわした飴の中に胡桃などが入ってるお菓子、ホットクは2種類食べて、イチゴのカップもぺろり。甘いの辛いのを繰り返しながら、お腹がいっぱい。でも買い物の後、宿の近くのカフェも行きました。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329143544p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329133953p:plain

こんばんは^^BEYOND明洞3号店の店員さんと約束をしていたので、来ました。店員さんに「ご飯は食べましたか?」と聞かれたので、「はい、もうお腹いっぱいに。」

この「ご飯は食べましたか?」ですが、何度か言われました。What's up?的な挨拶?と思っていたら、それよりももっと思いやりのこもった挨拶だったのですね。今度言われたらHow about you? あなたは?って韓国語で言おう。

いろいろな物を持たされている、ひらぺったスヒョンくん。本人の代理でお店を盛り上げて繁盛させてるのがあなたの役目だもんね^^ファイティン!

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329140343p:plain

こちらの3号店は、ZIOZIAからまっすぐ明洞駅に向かう途中にあり(向かいにPANDAKOREAがあります。)少し先で右手に曲がると、ZIOZIAの2号店という、明洞スヒョ活には動線がいい場所にあります。日本語での対応もしてもらえるので、買い物がしやすいです。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329141315p:plain

いつも使っているシャンプーやクリームなど重量計算しながらの買い物。2012年春からスタートしたBEYONDとスヒョンくんのADワークは4年経過しました。モデル契約を更新するのかな?

ライトが反射してしまうんですが、こうやって普通にスヒョンくんを街で目にすることができるのが日本ではできない経験で嬉しいなぁ。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329142039p:plain

12月に来た時にはレジの横に置かれていたスヒョンくんですが、入口のところに素敵に商品と一緒にディスプレイしてもらってました。店員さんがツーショット写真を撮ってくれましたよ。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329141626p:plain

アリスシリーズのディスプレイは見ているだけで可愛い♪今度中学に入学する生徒に、可愛いマニュキアを買いました。見ているとあまりに可愛いので、シリーズ2のクッションファンデも*^^*アタシちゃん、衝動買いの瞬間 )>▽<(

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329142829p:plain

2012年の「太陽を抱く月」と2014年の「星から来たあなた」の大ブームの時に一斉にモデル契約したブランド・メーカーのうち、次々に更新の時期を迎えた昨年秋以降。街のあっちこっちにあったトレジュルやCaffebeneが終了したことで、ふいにスヒョンくんの広告が目に入る回数が減ってしまったような気がします。

2016年3月の今を、写真で残そうっと。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329142413p:plain

ここハナ銀行の明洞両替所にあるキム・スヒョン博物館も(広告で着た衣装を展示したり、スヒョンくんのパネルや額が飾ってあり、両替金額に応じポスターをくれる。)は、衣装や額、ポップやパネルが撤去されていて、入口と中に少しだけ残されてる状態でした。

2016年3月現在。(バッテリーがぎりぎりで、かなりぼけてしまいましたUU)では、そろそろ宿に戻ります。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329143938p:plain

今回、空港を出てから移動途中に、何度か「これは誰?」と、はっと目を留める広告もたくさんありました。名前がわからなくても、その広告画像がとても力の入ったもので、ああ、この俳優さん?が今フィーチャーされているんだなというのを感じるものが1枚や2枚ではありませんでした。

私はスヒョンくんを探しているから、目にするのであって、探さなければ日常のどこに行っても「あ、キム・スヒョンだ。」という景色ではなくなってきていました。

でも、それはさみしいと同時に、もし今の状態が、ずっとそうならばスヒョンくんはずっとずっと同じ事の繰り返しをしないといけないってことじゃない?とも思いました。

今のキム・スヒョンの場所には次の人が来ている、でも、キム・スヒョンには次の場所があるってことだよねって。その次のステージがキム・スヒョンをもっと素敵に、もっとスヒョンくんが充実できるところかもしれないよねって。

2014年がそうだったように、モデルとしての分量がほぼ100%だったのと逆に、俳優としての分量がほぼ100%の時が来るかもしれないし。スヒョンくんはどこを見てるの?どこへ行くの?スヒョンくんがいる方が前^^どこへでもどうぞ^^そう思いながら、おいしいシフォンケーキのある夜のカフェで足を休めていました。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329153048p:plain

こちらは間もなく撤去されてしまうかもしれません。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329154222p:plain

こちらのリンクより行きたいお店を入力すると詳しい地図が出ます。

map.konest.com

さすがに明洞はボリュームいっぱい。少し休憩。ではまた、今度^^

+++++++++++

<今日のいちまい>

もしもし。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160329145825j:plain

cr.ZUK

・・・・・・・・・・・・・・・・

キム・スヒョンインターナショナルファンマップ

http://kshfansmap.atspace.cc/

お問い合わせフォームからご連絡をいただいた方で、返事がずいぶんと返ってこないという方がいらっしゃいましたら、お手数をおかけしますが、もう一度ご連絡をください。その際に、メールアドレスにお間違いがないかのご確認と、gmailからの返信が受信できる状態でお待ちいただきますようお願い申し上げます。

せっかくご連絡をいただいたにもかかわらず、お返事のメールが送信できないで戻ってきている方が数名いらっしゃいます。どうぞよろしくお願いいたします。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20160325185927j:plain