読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KSHFMapJAPANブログ Cloud9

韓国の俳優キム・スヒョンさんを応援しています

スヒョンくんは来ません。でも、スヒョンくんはいます・・・晋州・釜山の休日②-2

チケットを取りに、KDA(コリア・ドラマ・アワード)の会場に行くと、会場の外には、無料入場券(2階席)を求めて、学生がずらっと並んでいました。そして時折、小雨が降るせいもあってか、レッドカーペットを待つ人の数は、昨年ほどは多くなく、全体はのんびりとした雰囲気でした。

今年のKDAパンフレットには、昨年の受賞者の集合写真が掲載されています。真ん中に立つスヒョンくん。昨年の記憶が蘇ります。

2014年、2015年、何かの話題や授賞式の真ん中にはいつもスヒョンくんがいました。時間が物事を変えていくのを感じる2016年。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011091335p:plain

昨年のKDAについてはこちらです。 

ayumikshfmapjp.hatenablog.com

開場まで時間は少しあります。今度は、タクシーに乗って、中心地にある新世界百貨店へ向かいます。

★旅の情報・記録は2016年10月7日~8日時点のものです。これらは予告なく変更や撤去もされることがあります。★また、文中パープルの文字は、リンクが貼ってあります。情報の確認などにご利用ください。

ANDZ by ZIOZIA AND Z - by ZIOZIA デパート用ZIOZIAハイエンドラインブランド

店内にこのシーズンの画像はこれ一枚。あとは、シーズンオフの以前のものだけでした。公式サイトでスヒョンくんが着ていた服は、ちゃんとあるのに・・・。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011092228p:plain

この秋、BEANPOLE OUTDOORに続き、レモナのモデルも終了してしまったのですが、この後も、地方都市の店舗からは、直営店が多いソウルとは違う「何か」を感じることになりました。

時間の経過が、物事を変える・・・キム・スヒョンにもその時期が来ているのかもしれません。

(レモナのモデル終了を知った経緯は、こちらの過去記事の追記事項として掲載しています。) 

ayumikshfmapjp.hatenablog.com

2016年秋のBEANPOLE OUTDOOR晋州ショップ

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011094127p:plain

スヒョンくんが着ているBEANPOLE OUTDOORは、このダウンコートが最後でしたね。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011094440p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011094826j:plain

cr.BEANPOLE OUTDOOR

おっと、おもわず感傷に浸りましたUU。話をデパートに戻しましょう。

途中にあったFILA売り場にも、昨年はあったスヒョンくんの姿はなく、さみしい気持ち。家電製品売り場にあるというクク電子に、友達が誘ってくれます。

「さっき営業所に行ったけど、せっかくだし、ちょっと行きますか。」

そう言ってくれなければ、もしかしたらスルーしたかも。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011101042p:plain

しなくてよかった^^

流暢な日本語が聞こえてきます。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011100734p:plain

店員の方は以前、日本に住んだこともあるという女性で、とても堪能な日本語を話されていました。日本に親しみを感じてくださる方に出会うと嬉しいです。そして日本でしっかりと生活をしていた証としての上手な日本語だと思われます。それは、韓国の方から、日本人を見た場合どうでしょうか。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011101917p:plain

キム・スヒョンをきっかけに、韓国の文化や食に興味を持ち、韓国語を学んだり、話したり、韓国を訪れる日本人を、韓国の人はどう思ってくれているのかな?

この方に出会わなければ、そんなことも考えなかったでしょう。これが、旅のほんとうの意味。自分の中にある、まだ知らない自分の考えに会う。その箱を開けてくれるのは、旅先で出会う人たち。

売り場でそう思ったことが、すぐ後に、素敵なかたちで知ることとなります。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011101930p:plain

そろそろ時間です。開場まで、去年と同じように、晋州の中心街を歩いて向かいます。ミカントラックのミカンも買いまして。

BEANPOLE OUTODOORの前で郷愁に浸り。

同じ街で、同じことをする楽しさって、どういうの?

有料の浮き橋は、台風で流されることなく無事だったようです。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011135235p:plain

川沿いの屋台も。去年と同じ。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011135526p:plain

晋州の特産品は絹製品。会場の周囲には、絹製品のショップや工房があります。次はこんなところものぞいてみたいなぁ。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011140824p:plain

日本でも、ちょっと遠くになると、同じお祭りに二度行くことはないのですが。

ここへは、行こう!という気持ちがあって。

友達が住む国、街ということもあるのでしょうが、私の場合、あちこちにそれはあるわけで。

いつか、その理由がわかるかな。

今年のコリア・ドラマ・アワード。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011141219j:plain

本来の晋州市民のお祭りのイベントのひとつとして、1年に一度賑やかになる我が街を楽しむ人々の手に戻って来たような雰囲気でした。目の前に司会のオ・サンジンさんと、キム・セロンちゃん。

KDAの司会はもうベテランのサンジンさんが、セロンちゃんをさりげなくサポートしたり、プレゼンターの素人の委員会のおじさまを相手に、戸惑っているミス・コリア達に助け船を出しながら、進行するデキル司会者っぷりを目の前で見ました^^そばで見たらテレビよりもっとハンサムなサンジンさん。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011142245p:plain

隣のエリアには、通路側に座る友達が「(女優さんが手にしている)スマホの画面も見えた。」という近さで韓国の芸能人達が座っています。

昨年、スヒョンくんが受賞した、大賞を今年は、「家和萬事成」(MBC)で、女優のキム・ソヨンさんが受賞しました。(キム・ソヨンさんは、”今年のスター賞”とダブル受賞)ご自分でも言ってましたが、女優人生初の演技大賞だったようです。

年末KBSの演技大賞でもコ・ドゥシムさんが言っていましたが、女優さんがそのキャリアを積み重ね続けるのは、男性の俳優以上に困難なのだろうなぁ。ソヨンさん、これからも活躍してください。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011142259p:plain

「星から来たあなた」でソンイの弟役でスヒョンくんと共演したアン・ジェヒョンくんが「シンデレラと4人の騎士」(tvN)で、最優秀演技賞を、かつて「少年少女歌謡白書」でスヒョンくんと一緒にMCをしていた、KARAのスンヨンちゃんが「青春時代」(JTBC)で、韓流スター賞を受賞。

韓国のドラマ界に貢献してきた人を讃える、功労賞はイム・ドンジンさん。俳優キャリアの途中で神学を学んだということで、帰国して調べてみると、50代で大学院に進んでいらして修士を取得していらっしゃいます。実は2度目の博士課程の願書を提出予定の私は、ものすごく励まされました。登壇されるお姿は、背中が少し曲がってきていらして、「スヒョンくん、もし、それを望んでいたら、ここまでになるまでずっと俳優を続けていてね。」と願っていました。

昨年、会場で見たKDA受賞式は、とても豪華で華やかな記憶でしたが、今年は、落ち着いた雰囲気。時より、アン・ジェヒョンくんに向けて、「きゃー!」という声が上がる以外は、もう終わり?というくらいにあっという間に終わりました。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011203322j:plain

cr.OSEN

昨年はスヒョンくんがいたためか、会場の警備もピリピリした雰囲気が漂っていましたが、今年は、終了時にファンが芸能人の座席に殺到して、危ない!と思った以外には、気楽に見てすごしてました。

終了すると、ママ友達が連れた小学生の女の子達が、インタビュ-コーナーのセットで写真を撮るなど、おこちゃま達も楽しむドラマアワードといったカンジで。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011143703j:plain

屋台を抜けながら、車を停めた場所へ戻ります。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011143851j:plain

日本にはない、なんていうか・・・パワー?に圧倒されておもわず撮ってしまいました^^;こうなったら、ソックス何足?ではなくて、何十キロ?の見ため。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011144154j:plain

「食事したら、アウトレットにあるZIOZIAに行きましょう~」といいながら、食事。地元の人が週末に家族と楽しむ焼き肉屋さんは、付け合わせの野菜もおいしくて。

韓国のサラダにかかっているリンゴ風味のドレッシング。辛めの韓国の料理にはぴったりなフルーティな甘さ。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011144941p:plain

これ、韓国のワサビがのってる玉ねぎとニラの小皿。帰国して調べてみたら、焼き肉と一緒に食べるソースのひとつみたいです。そのまま食べたら、けっこうジーンときました。 

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011153719p:plain

「あれ、もうZIOZIAには行けません、閉店してしまいます。」「いいよ、いいよ。」楽しい食事の時間。これも、ここに来た理由だし。

おいしくいただきました。ごちそうさま。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011154318p:plain

食後のコーヒーを飲むために、案内してくれたのは・・・

え?日本語?しかも、この店・・・この名前・・・

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011154510p:plain

ここのオーナーは、日本のあちこちの喫茶店やカフェを訪れて、学んで、それを晋州で喫茶店経営に生かしている女性でした。

なんと!コーヒーをネルドリップで淹れる方法を、私が週末ごとに通っているカフェで学んだらしいのです。少し前にその話を、友達から聞いてはいたのですが、500㎞以上離れた韓国の地方都市で、私の日常とつながる人がいるなんて!!その人と会えるなんて!!

だから旅って楽しい。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011154728p:plain

日本からやってきた私達に、笑顔で思い出の写真を見せてくださりながら、その時のお話をしてくださいます。私も、その方と一緒に写真を撮ってもらったり、お店の様子を撮らせていただきました。週末に、きっとまたいつものように、そのカフェに行くでしょう。その時に、お店の人に見せようと思って。

きっと、びっくりしますよね。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011155222j:plain

そして、出してくださったコーヒーと手作りのケーキは、日本の味を守ってくれている、私にすれば、ホッとする風味でした。店の雰囲気、味。そこが韓国の晋州市だと忘れてしまうような時間。行きつけの店が大切にしているものを、晋州にも根付かせてくれている。それも一緒に伝えます。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011155437j:plain

去年は行かなかった、橋の反対側の風景。次は、向こうに見える晋州城跡にも登ってみたいな。きっと晋州の街が一望できるだろうな。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011155821j:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011160028j:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011160218j:plain

雨が降り始め、実際はライトが滲んでいて、ちょっとREALの画像っぽい色合いの橋の上^^

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011160448p:plain

晋州の時間が終わります。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011155627j:plain

バスターミナル前で友達と別れます。

でも、別れ際の言葉は「また2週間後にね。」今度はソウルで会いましょう。

晋州-釜山間はバスで約1時間半ほど。帰りは、運転手さんのぶっ飛ばしっぷりがすごくて、あっという間にササンに到着しました。

さて、翌朝は早いです。帰りの飛行機は17時出発。14時半にホテルを出るのが目標。去年よりちょっと多めに眠れます。つづきます。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011134916p:plain

今回の旅の出発はこちらです。 

ayumikshfmapjp.hatenablog.com 

今回は、スヒョンくんの画像が少ない??じゃあ、ちょっと追加しときます。

なつかしや、チェジュ航空アプリのスヒョンくん。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011205750p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011205835p:plain

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161011205856p:plain

cr.Jeju Air

******************

キム・スヒョン インターナショナルファンマップ

http://kshfansmap.atspace.cc/

インターネット上の世界地図の上に、メッセージ画像を置いて、俳優キム・スヒョンさんを応援するファンによるプロジェクトです。一緒に応援しませんか。

f:id:AyumiKSHFMapJP:20161003003621j:plain

+++++++++OliOliSooHyun LINLK

同じ旅でも、人が違えば、見るもの、感じるものが違う。

ameblo.jp